ネットサーフィンでの突然の「ウィルスに感染しました」

インターネットでいろいろなページを見ていて、あるリンクをクリックしたら、大きな警告音と共に「ウィルスに感染しました」のページが開いたとします。
音も大きいですし、内容も「ウィルス感染」なのでビックリしてしまいます。
そのページに記載されている内容は例えば、
・「ボタンを押して、コンピューター内を検査してください」としてボタンを押させる。
・そうすると、「ウィルスが発見されました」として、「対策ソフト」をインストールさせる。
・その後、対策ソフトを購入するよう促す。
などの流れがあります。

インストールさせるソフトは、実際にウィルス対策を出来るソフトもありますが、そうでないもの(偽ソフトや、それ自体がウィルスソフト)もあり、お金を詐取することを目的としている場合があります。

実際そのような場面に遭遇したらどうしたらよいでしょうか。

ブラウザでの「ウィルス感染」の表示と警告音は、そのページに簡単に設定できるものになります。
そのため、ビックリはすると思いますが、すぐにブラウザの右上の「×」ボタンを押してそのページを閉じます
その後、念のためにネットワークから切り離して自分のパソコンのウィルス対策ソフトにてパソコン全体をスキャンします
そこでウィルスが発見できなかったら問題ありません。

急に警告音と表示がでるので、ビックリしてそこに書かれている内容の操作をしようと考えてしまうかもしれませんが、その先には進まないようにしてください。
そして、ウィルス対策ソフトは必ずインストールしておいて、何かあったらスキャンするようにしてください。