自転車走行について思うこと

日常で気軽に便利に利用している自転車。
その走行について思うことを書いてみようと思います。

自転車は軽車両のため、基本は車と同じ道路の左側を走り、歩道は認められた所及び道路走行が危険でやむを得ない場合走行可能です。
道路走行では、道路の左端を走ることが原則となっています。
また、歩道通行の場合は、歩行者が優先となります。

道路の走行ですが、道路の右側を走行する自転車があります。
車から見ると、自分の車に向かってくる形になるため、危なく感じます。
また、正しく左側走行をしている自転車とすれ違う時にどちらかが道路中央側に寄らなければならなくなり、これも状況によっては危険です。

歩道の走行の場合ですが、最近はベルを鳴らして歩行者をどかそうとする自転車は少なくなっていますが、速度を落とさない自転車はまだ多いです。
歩道は歩行者優先ということを忘れずに走行する必要があります。

自転車の信号無視や一時停止無視も多く見受けられます。
交差点で、車道を走ってきた自転車が、信号が赤にもかかわらず左折して、青側の道路に進入してくることや、信号のない交差点の場合でも、一時停止側の自転車が止まらず、左折で道路に進入してくる、ということがあります。
状況によっては、車との衝突もあり得るため、危険な行為です。
自転車も軽車両のため、車道を走る場合、信号や道路標識を守る必要があります。

そして、携帯で通話しながら走行(片手運転)や、イヤホンで音楽を聴いての走行も目立ちます。
いざと言うときに対応が遅くなり、大変危険です。

自転車も車両ということを心がけた上で、交通法規を守り、自転車を楽しむようにしましょう。

自転車の正しい乗り方 : 警視庁 (PDFファイル)