フィッシングメールのお話(MyEtherWallet編)

先日、突然、仮想通貨ウォレット「MyEtherWallet」からとするメールが届きました。

件名:「MyEtherWalletアカウントにログインすると、20000個のCHZトークンを受け取ることができます。」

内容についても、件名と同じ内容と、
「MyEtherWalletのユーザーではない場合は、MyEtherWalletに参加してください。暗号通貨に関する知識を解説してあげます。」
とあり、参加するとトークンがもらえるとなっています。

リンクとしてURLが表示されていますが、表示のURLと設定されているURLは異なっています。
実際のURLと異なり、https://www.my○○○.org/○○ のようなアドレスです。
(メールアプリによりますが、カーソルを合わせると設定されたURLが確認できます。)

「MyEtherWallet」をかたるメールは、2019年頃からありました。
その時は、「アカウントが停止されるため、確認してください」という内容でした。
今回は、ユーザーでない人もトークンをもらえるとして、情報を入力させるように仕向けています。

このようなメールでも、リンクをクリックして個人情報を入力しないように気をつけるてください。